プロジェクト紹介

パイプインパイプ工法による工事

国道に埋設された水道管の耐久性を向上させる「PIP工事」

神奈川県鎌倉市を走る国道に埋設された水道管の耐久性を向上させる工事。道路開削が最低限で済む工法です。

 

「PIP工事」とは?

道路事情や地下埋設物、騒音や振動などの影響による現場環境の制約などで開削工事ができない場合に既設管に新設管を挿入し管路を更新するパイプインパイプ(PIP)工法による工事を行います。 また、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)でも同工法を採用した管路での被害が皆無であるなど、高い信頼性を誇っています。

 

仮置き場から立杭に吊り込みでパイプを降ろします。

必要な機材をセットして鋼管をヒューム管内に運び込みます。 溶接をして裏込め、モルタル注入、内面塗装をして完了です。

3分でわかる日鉄住金P&E