CSRへの取り組み

資源と人をつなぐ

私たちの仕事は
地球がくれる資源と人々をつなぐこと。

私たちの仕事は
ここからそこへ、またその先へと資源を送ること。

私たちは人々に
お客様と共に最適なエネルギーインフラを届けることで
環境に優しい豊かな社会の実現を目指します。

 

CSR基本方針

当社は新日鉄住金エンジニアリング(株)が定めるCSR基本方針をグループ会社の一員として安全衛生、品質、コンプライアンス、環境、調達、人財、社会貢献の各分野で遵守した経営を行っています。そのなかで社会貢献、女性活躍推進について当社独自の活動を以下にご紹介します。

 

社会貢献活動

私たちは資源と人をつなぎながら社会に貢献できる様々な活動に取り組んでいます。

障がい者スポーツ支援を通じた垣根のない社会づくり

当社は障がい者アスリートの就労・活動支援を行っています。またパラスポーツ大会に社員で観戦・応援をしたり、選手が小中学校に出向き「パラ水泳教室」を行うなど、障がい者スポーツの認知度向上や次世代育成につながる活動をしています。

所属選手/パラ水泳 小山恭輔

パラリンピック3大会連続出場
S6クラス50mバタフライ 銀、銅メダリスト

▶プロフィール

障がい者自立支援

障がい者の経済的自立を支援するパラリンアートを応援しています。

詳しくはこちら ▶(社)障がい者自立推進機構

 

チャリティーマラソン参加

参加費の一部が世界の子供たちの支援に使われるチャリティーマラソンに毎年参加しています。

詳しくはこちら ▶一般社団法人PARACUP

 

備蓄食料の寄付

賞味期限を前倒しして入れ替えた職場の非常食をフードバンク団体に寄付し、生活に困った人々や福祉施設、こども食堂などに送り届ける取り組みをしています。

 

地域貢献活動

地域との交流を大切に

建設現場の地域住民の皆さんとの出会いを大切にしたいという想いから、様々な地域交流活動を実施しています。

●田植え前の農業用水路清掃に社員も参加。

地元農家の皆さんと一緒に気持ちの良い汗をかけば、自然と会話も弾みます。

●現場を毎日通る幼稚園バスの子供たちと撮影(福岡県岡垣町 岡垣中央幼稚園)

建設現場付近で園児がバスを乗降する際に安全確保の対応を毎日していたところ、いつの間にかお互い手を振りあう関係に。勤労感謝の日に感謝の手作りメダルを頂いたり、現場関係者がサンタに扮しクリスマスプレゼントをするなどの交流に発展しました。

●地元の祭りに参加

紀州おどり「ぶんだら節」(和歌山市)に社員が参加。地元の皆さんと共に大いに祭りを盛り上げました。

●地域の皆さんとスポーツ交流

仕事が終わったら現場付近の中学校で部活指導のお手伝いをしたり、町営スポーツクラブで地元の方と卓球で勝負するなど、スポーツを通じた交流も行っています。

 

女性の活躍推進

採用、教育・サポート体制の整備を通して全社員がやる気を持って働き、活躍することが出来る会社へと成長するため、次のように行動計画を策定します。

【女性が安心して働き続きられる会社=全社員が活躍できる会社を目指す】

目標

新卒採用における女性社員比率として10%以上を、また、20~30代の社員における女性社員比率10%以上をめざす。

活動

2016年4月1日~2021年3月31日までの5年間

  1. 採用活動 ~継続採用に向けた取り組み~
    • 労働環境改善・更なる活躍に向けた取り組みを進めることで女性の新卒採用の拡大につなげます。

  2. 労働環境改善 ~『働き続けられる会社』に変えていくための取り組み~
    • 女性社員を対象にアンケートを実施し、現状を把握します。
    • 女性社員を中心としたコミュニティを結成し、意見交換の場として、またより働きやすい環境づくりを実現するための議論の場として活用します。
    • ワーキンググループを結成し、女性が働きやすい環境をつくるための提言をまとめて会社側へ提案します。

  3. 長時間労働の是正 ~より働きやすい会社に変えていくための取り組み~
    • 全社をあげた長時間労働撲滅への取り組みを行い、ワークライフバランスのより一層の充実をめざします。
    • 会社と連携し、労働環境の整備・改善に取り組みます。

さくらSAKUプロジェクトの活動

「女性が安心して働き続けられる会社=全社員が活躍できる会社」の実現に向けて、女性社員自身がプロジェクトメンバーとなり、課題形成から組織活性化を『ジブンゴト』として目指した主体的な取組み。

 

企業情報