社員紹介 Interview

先輩社員のメッセージ

設計

私の仕事 設計部に配属。先輩コーチャーの下、日々勉強中! 2014年入社 資源・エネルギー事業部 設計部 パイプライン設計室 井上 陽平

いち早く一人前の設計者と認められるようになりたい

私は2014年4月に当社に入社し、座学および工事現場での研修を受け、埋設配管工事における安全管理、品質管理、工程管理を主として学びました。また、この期間中には、今後の仕事上で必要となる玉掛作業者の資格など5つ以上の資格を取得しました。
そして、2015年4月から大崎本社での勤務となる設計部に本配属されました。
まずは、設計部で必要な基礎知識である「要素技術(鋼材・溶接・防食)」、「各種設計指針」、「関連法規」、「図面作成」等に関して、設計補助業務、社内勉強会、社外講習会を通じて学びました。
しかし、基礎知識をある程度学んだとしても即座に一人で仕事ができるわけではありません。
現在は、コーチャーとなる先輩社員の指導の下、埋設配管および架空配管の強度計算書の作成や工事数量の算出等の補助業務を行っています。
今後、様々な設計業務を経験し、いち早く一人前の設計者と認められるようになりたいです。

嬉しかったことは計算書を完成し客先に提出したとき

設計部に配属されて半年近くが経ち、先輩の指導の下ではありましたが、初めて私が主導となって配管橋の強度検討を行いました。この設計業務では、協力会社に配管橋の詳細計算を依頼し、その結果をもとに客先に提出する強度計算書を作成します。この業務の中で私が苦労したことは、構造力学に関する基礎知識を身につけた上で、協力会社が作成した計算結果が妥当であるかを判断することでした。
先輩社員にアドバイスをもらうとともに、協力会社の方と直接意見を交換することにより、自分の抱いた疑問点等を解決していきました。作成者の欄に自分の名前の入った計算書が完成し、期限内に客先に提出できたときは一つの仕事をやり終えたという嬉しさを感じました。

人々の生活に不可欠なライフラインをつなぐ仕事に魅力を感じました

私は大学時代に石油、天然ガス、石灰石、地熱などの地下資源・エネルギーに関わることを学んでおり、これらの分野に関わる仕事に就きたいと考えていました。就職活動では、大学の同じコースの先輩方が入社した会社を中心に説明会等に参加していました。当社の存在を知ったのはエネルギーという用語で会社を探しているときでした。当社に興味を持った私は、まず単独で行われている会社説明会に参加しました。その中で、当社が人々の生活に不可欠なライフラインを供給するために、ガスパイプラインや水道管をつないでいく仕事を行っていることに魅力を感じました。また、会社説明会や採用面接において関わった社員の人々から感じた明るい雰囲気から、こんな人たちと一緒なら楽しく仕事をしていけるのではないかと思いました。

就職活動は自分がやりたい仕事・興味は何かをよく考えて

大切なのは自分の考えを持って、行動することだと思います。自分がやりたい仕事・興味を持っていることが何かをよく考えてみてください。これまで自分と真剣に向き合って考える機会は少なかったかもしれませんが、これは非常に重要なことだと思います。就職活動においては、エントリーシートや面接という限られた条件の中で自分の考えや思いを会社の方々にわかりやすく伝える必要があります。そのためには、大学の先生や友達、家族等に協力してもらって客観的な意見を聞くと良いと思います。また、就職活動ではうまくいかないこともありますが、落胆しすぎることなく、その会社とは縁がなかったと諦めるような気持ちの切替えが必要です。自分のことを必要とする会社に出会えるまで頑張ってください。

井上陽平

採用窓口

お問い合わせはこちら

nspe@saiyou-center.jp

日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社 採用事務局

東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル