エネルギーパイプライン事業、水道パイプライン事業、プラント事業の3つの柱で幅広いフィールドのニーズに対応いたします。

日鉄住金P&E

トップページ > 保有技術 > 保全技術 / 更新更生
保有技術

保全技術/更新更生

日鉄住金パイプライン&エンジニアリングの更新更生技術を紹介します。
下記以外の技術についてもお気軽にお問い合わせください。
工法等の名称 工法等の概要 資 料
水輸送用パイプインパイプ工法

水輸送用パイプインパイプ工法

老朽化した既設管を更新する場合、既設管を掘り起こして新設管に交換するのが一般的ですが、道路事情や地下埋設物ならびに騒音や振動等の工事公害による現場環境の制約等、種々の問題が発生します。
水輸送用パイプインパイプ工法とは老朽化した既設管を掘り起こして交換するのではなく、既設管に新設鋼管を挿入し管路を更新する工法であるため、先に挙げた問題が発生しない更新工法です。

pdf
ガス導管用パイプインパイプ工法
ガス導管用パイプインパイプ工法
(既設管の線形測定と新設管架台の検討)

老朽化した既設ガス導管を更新する場合、道路を掘削して既設管を撤去し新設管を新たに埋設するのが一般的です。このような開削工法による施工では道路交通の阻害、他埋設物の損傷、工事騒音や振動等による周辺環境への影響等、種々の問題が発生します。このため非開削工法で既設管を更新できるとこれらの問題を解消できます。
ガス導管用パイプインパイプ工法とは、老朽化した既設管を新たに敷設替えせず既設管内部に新設鋼管を挿入し管路を更新する工法です。

pdf
鋼板内巻改修工法

鋼板内巻改修工法

新規
鋼板内巻改修工法は、老朽化した既設水路トンネル内に、僅かに小さい相似形断面の内巻鋼板を専用台車により運搬・据え付けて溶接接合する工法です。通水断面の減少を最小限に抑え、粗度係数(流速係数)の改善により水理性能が確保でき、全荷重を鋼板で負担することができる優れたトンネル改修工法です。

pdf
メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちらから。