中圧導管切断キャップ工法(シール栓方式)

はじめに

本工法は、中圧ガス導管の切断キャップ止めに適用します。シリコンゴム製シール栓を既設管とすみ肉キャップ間に取付、既設管内を低圧でガス濃度100%にした状態で、すみ肉溶接する工法です。

 

工法の概要

適用管種・口径・圧力

【管種】 鋼管
【口径】 100A・150A・200A・300A・400A・500A・600A・750A

 

作業フロー

すみ肉キャップ取付状況

固定バンド、シール栓取付 (600A)

 

すみ肉キャップ取付、締付治具セット (600A)

 

固定バンド、シール栓取付 (500A)

 

すみ肉キャップ取付、締付治具セット (500A)

 

 

特長

その他

実績

使用開始 1994年(平成6年)~
施工件数 300件以上
起用会社 東京ガス(株)殿・小田原ガス(株)殿・伊勢崎ガス(株)殿

保有技術