ANHT®型中圧活管工法

はじめに

ANHT型中圧活管工法は、安定した品質と短納期への対応を可能とする為に、材料の製造および組立てをすべて日本国内で行う純国産とした継手を用いる鋼管中圧活管工法です。

工法の概要(概略継手構造)

流体と最高使用圧力

流体:常温、天然ガス又は精製都市ガス等
最高使用圧力:1MPa未満

継手の種類

施工実績

工法の特長

 

コンプリーションプラグの取付けをネック部フィッティング
との嵌合構造とすることにより施工性が向上しました。

 

サドル部を溶接から熱間押出し加工に変更した
ANHTⅡ型継手を開発しコンパクト化を実現しました。

現場施工

 

 

 

保有技術