長距離推進管内浮力式配管工法 - FT(Floating Tow)工法 -

はじめに

推進管内配管は、推進の長距離化に伴い挿入装置の大型化や作業効率の低下が懸念されます。
FT工法は、挿入装置の小型化や作業効率の向上を目指して開発し、更に改良を加えたたものです。

 

工法の概要

工法の説明

FT工法とは、予め推進工法にて設置した推進管内に配管を行う際に、推進管内に水を注入し、本管を浮遊させ本管と推進管の摩擦抵抗を無くし、小さな押込み力で挿入可能とする工法です。

 

装置の概要例

 

工法の特長

 

作業フロー

 

施工実績(2016年度末時点)

 

保有技術