真空加熱式自動塗覆装法

はじめに

従来、ガス導管周溶接部の現地塗覆装はプロパンバーナー等を用いてシュリンクチューブの加熱・収縮を行っていますが、本工法は火気を使用せずに塗覆装する事を特長としています。真空に減圧後遠赤外線ヒーターによって加熱・収縮を全自動で行うので技量に依存することなく、安定した高品質な現地塗覆装を行う事ができます。
また、火気を使用しないので、安全に作業ができます。

制御装置

 

装置使用状況

 

加熱装置本体

 

装置概要

 

施工フロー

 

原理と特長

ヒーター加熱時の管内外面の温度パターン


確性試験データ例(600A)

 

施工実績

下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

保有技術