水輸送用パイプインパイプ工法

はじめに

 

老朽化した既設管を更新する場合、既設管を掘り起こして新設管に交換するのが一般的ですが、道路事情や地下埋設物ならびに騒音や振動等の工事公害による現場環境の制約等、種々の問題が発生します。
パイプインパイプ工法とは老朽化した既設管を掘り起こして交換するのではなく、既設管に新設鋼管を挿入し管路を更新する工法であるため、先に挙げた問題が発生しない更新工法です。

特長

挿入管方式

普通管方式

新設管径が既設管内径より多少下回っても良い場合

巻込管方式

新設管径を既設管内径により近づけたい場合

溶接延長と挿入管長さ比較

普通管方式

新設管径が既設管内径より多少下回っても良い場合

巻込管方式

新設管径を既設管内径により近づけたい場合

挿入管長さ比較

既設線形、溶接延長から、最適方式を選択

事前測量

測量装置

 

装置構成

パイプインパイプ工法の計画

施工実績

下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

施工フロー

保有技術