エネルギーパイプライン事業、水道パイプライン事業、プラント事業の3つの柱で幅広いフィールドのニーズに対応いたします。

日鉄住金P&E

トップページ > 保有技術 > 敷設技術 / 溶接
保有技術

敷設技術/溶接

日鉄住金パイプライン&エンジニアリングの溶接技術を紹介します。
下記以外の技術についてもお気軽にお問い合わせください。
工法等の名称 工法等の概要 資 料
MAG自動溶接法
MAG自動溶接法

当社のMAG 自動溶接は、国内初のMAG 自動溶接法として1983 年に現地施工に適用され、高品質、高能率の全姿勢円周溶接方法として50,000Rを超える実績を残しています(2014/2 現在)。本自動溶接装置の特徴は、高品質/高能率/高信頼性の3つであり、高い完成度を誇ります。

pdf
STT-MAG自動溶接法
STT-MAG自動溶接法

STT-MAG自動溶接法は、当社の誇る高品質のMAG自動溶接法を発展改良させたもので、Cu裏当てを用いなくても、良好な裏波ビードを確保できるMAG自動溶接法です。従来、初層を手動TIG溶接、残層をMAG自動溶接で行っていた500A以下の口径へも全層MAG自動溶接の適用を可能としました。

pdf
大径MAG自動溶接法
大径MAG自動溶接法

大径MAG自動溶接法では、大径鋼管の現地溶接に溶接の作業性及び品質の向上を目的とした大径MAG自動溶接法を導入し、 現地施工(適用口径1500A~4500A)で優れた実績を積み重ねています。
内面自動溶接装置とフラックス入りワイヤーを使用することにより能率・品質の向上が計れ、溶接に関するコストを大きく削減することが可能となります。

pdf
メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちらから。